【風習・信仰】龍ってそもそも何? 恐竜の記憶なのか?

【風習・信仰】龍ってそもそも何? 恐竜の記憶なのか?

892:【スレ主】02:06
龍ってそもそもなに?
現実には存在しない生き物だし、猿人のころの
恐竜の記憶なのか
896:A//cpwvV0.net 06:44
>>892
霊的世界には「狐に似たもの」とか「蛇に似たもの」とかいるらしい
龍も霊的世界の存在だけどたまに具現化して現世にも出て来るよ
897:Oh2111fe0.net 07:05
>>888
(略)
>>892
自然霊の類だろうね
物理的な存在ではないが
なぜか梨が好きらしいw
898:s5FXgldg0.net 07:59
龍は稲光じゃないかね?
水に関係あるでしょ。
怖くてありがたい存在。
925:sI2dJ/s40.net 20:59
>>896
ありがとう

>>897
梨が好きなのか

>>898
そうだった、聞いたことあった
雷が落ちると豊作になるからだっけ

909:RJpEX/NM0.net 13:18
>>898
雷=電気は五行では木だから龍神とは違うね。
電気は火を生み、適切な量なら金(機械)の養分になり、
水を得て良く動き、土で逸らす(アース)。
龍神は雷を生む点からも水。陽水の神だと思います。
干支象で言うと文字通り壬辰?なのかな。
地を割り登る龍
916:s5FXgldg0.net 16:42
>>909
電気の説明をされてる意味が分からないぞ。

雨を降らせるありがたい雲、降りすぎて洪水にもなる雲の中に見える稲光の形を、
昔の人は龍と思ったのかなと。
電気の発見以前から龍はあったはずだから。

918:3ceaGCT90.net 17:47
>>916
古くは劉邦とか、本邦でも荷田龍頭太とか、雷鳴含む天候支配は
龍と関連づけて考えられていたよ
昨日紹介した、伊勢神宮に仕える斎宮に、龍神と考えられるアマテラスが憑依した
時も、突如暴風雨と雷が起こったと書かれてる
平安時代とかに国家規模でやった雨乞い祈祷も、龍神を動かす儀式になってるね

龍神は天候とは切っても切れない間柄

934:GS5ENwim0.net 00:52
>>916
ああごめん説明悪かった、まあ昔の人が雷を龍かどうかって
思ったかは分からないね。そう信じちゃうのはあるかもしれないな。

龍の起源を真面目に考えるとさ、そもそも空からなの?って陰陽脳だと思うんだよね
十二支の龍=辰って五行で言う「湿土」で陽水(壬水)を含んだ土を指すのね。
その土が割れて中の陽水が間欠泉みたいに吹き出すのを五行用語で庫が開くって言って、
この陽水は万物を育むとされてるの。で、これは良質の地下水とみることもできるけど
オカルト的に気として考えると「辰土=龍脈走ってる土地」って見れるのね。
とすれば、龍の起源って、龍脈の中の高エネルギー体を感じた人がそう呼んだんじゃないの?
と思うんだよね。でそれを世界の在り方を示す陰陽五行に辰として埋め込んだ。
むしろ辰の字を当てたから龍としたのか。かなりオカルト的な話だけど。
とにかく元はまず地にあって、何かの拍子にドンと噴き出した様を龍と呼んだ。
で、吹き出して押し上げられた気で天候が変わる作用もあったのかな?
ただの妄想に過ぎないけどね。

964:Mtc15VZe0.net 21:04
>>934
なんでも五行で説明できるとおもってるの?
966:AVkTpVcI0.net 22:00
>>934
よろしければ
どういう文献などで
陰陽のそういう知見を得られるのか教えてくださいませ
970:BRZSKDC70.net 03:05
>>966
自分は命理から入ったので最初に読んだのは適天随や窮通宝鑑です。
今はネットで古書の原文が乗ってます。
訳文じゃなくて原文読まないとダメだから
(暗号みたいになってる部分もあるので)
中国語ある程度読めた方がいいですね。

でも肝の部分は書いてないこともあって
ネットで知り合った方に一部教えてもらいました。
占い師じゃない一般の方で、才能の塊みたいな人でしたね。
その内の一人は子供の頃に中国にいて
そこの老師に習ったって言ってましたね。
事象の深浅まで当てる力量がある達人でした。

自分はまだまだですが、
自分の学んだ範囲でも神とされるものや、寺社の思想、神話にも
陰陽思想や法則は密接に関わっている部分があると思いますね。

980:k2CDQMo80.net 14:45
>>970
ありがとうございます。
やはり普通ではなかなか得られないものでしたか。
昔占術理論板で同じような方を見かけて、問うたところ
たしか何十万かでなら教えるといわれましたね。
価値が分からなかったので辞退してしまいましたが
984:BRZSKDC70.net 19:16
>>980
その方はタダでしたね。占いは生業にしないってのがルールで。
たぶん縁作るのが嫌なんだろね。日本の陰陽を元にした占いって
明治期の人の書が主でそれも中国の書を不完全な形で訳して流派もバラバラで
或る意味仏教みたいな状態で語るから信頼にたる資料が残ってないんだと思うよ。

日本だとむしろ陰陽師の方が知識残ってるんじゃないかな?と。
今でも少数いらっしゃるんでしょうしね。つまり神社の方が残ってると思うんですよね。
星読みやって六壬使って国家事業に携わってたんだから。
神社を作る場所や方角もそれに乗っ取ってるわけだしね。

985:jnty14Lp0.net 19:31
占ってる時点で縁はできてるよ
金銭授受は関係ない
単に自信がないだけだよその人
986:BRZSKDC70.net 19:37
>>985
自信はありあまるくらいありましたよ ズバズバ言うし、プライド高過ぎな人でした
自分の欠点は傲慢なことって言ってたまに反省してたなw
縁を作るのがっていうのは自分の推測なので他の理由があったのかもしれませんね
919:3ceaGCT90.net 17:50
注連縄の紙垂は稲妻の形態を取り入れたと考えられてるけど、注連縄自体が
龍蛇神の模写(?)らしいね
本当かな
920:AUVBDPAu0.net 17:54
>>919
注連縄は雲。注連縄が左螺旋(DNAと同じ)のほうがオカルト。
922:3ceaGCT90.net 18:06
>>920
そうなんだ!知らなかった
おもしろいね

注連縄の由来は、網掛け神事、勧請縄とかも興味深いね

965:IgvJaUM0.net 21:40
吉野祐子という民俗学者がそうなんだけど
陰陽五行説ってなんでも辻褄合わせられるので
ハマるとそればっかり言うようになる。
自分では、凄い!またまたピッタリと思ってるかも知れないけど
世間では占いみたいな認識だから引かれてたもする。
参考程度に言うならともかく何でも五行はやめた方がいいね。

その他カテゴリの関連記事