おっさん「キミは……ボクが見えるのかい?」女「見えない!見えない見えない見えないッ!」

おっさん「キミは……ボクが見えるのかい?」女「見えない!見えない見えない見えないッ!」
1:【スレ主】19:32
女「ハァ~……」

女(彼氏とは別れるし、会社では怒られるし、最近ろくなことないわ……)

女「……ん?」

おっさん「……」

女(なにあの小汚いおっさんは……。あんな目立つところにいるのに、みんな知らんぷりだけど……)

おっさん「おや?」

女「え」

おっさん「キミは……ボクが見えるのかい?」

女「見えない! 見えない見えない見えない見えなぁぁぁぁぁい!」

2:2j7pmIQs0 19:32
これはオッサン
4:【スレ主】19:35
おっさん「やっぱり見えるんだね」

女「ひっ!」

おっさん「嬉しいねえ、ボクを見れる人間はなかなかいないからね」

女「こっちは嬉しくない……」

おっさん「あっちのベンチで一休みしようじゃないか」

女「まあ、いいけどさ……」

6:【スレ主】19:38
おっさん「ベンチに座ってワンカップ酒!」グビグビ

おっさん「ぷはーっ! うまい!」

おっさん「キミもどうだい?」

女「いりません」

おっさん「どうして?」

女「真昼間からベンチでワンカップ酒なんて……そこまで落ちぶれたくないわよ!」

おっさん「別に落ちぶれてるつもりはないが、落ちてみなきゃ見えない景色もあるよ」

女「そんなもん見たくもないわ!」

大関 上撰 ワンカップ [ 日本酒 兵庫県 180ml×30本 ]大関

7:【スレ主】19:41
女「ところで、あんたはなんなの?」

おっさん「んー、ボクは町の精霊みたいなもんだね。あるいは守り神」

女「せ、精霊……? 守り神……?」

女(どっちかっていうと疫病神でしょうが)

おっさん「町で人知れず人助けをするのが使命さ」

女「人助けぇ? たとえば?」

おっさん「たとえば……」

8:【スレ主】19:44
通行人「……」スパー…

通行人「……」ポイッ

女「あ、あいつ! ポイ捨てしたわ! サイテー!」

おっさん「……」ササッ

女「あ、おっさん!」

女(捨てられた吸い殻を……)

9:【スレ主】19:46
女「偉いじゃない、おっさん! 見直したわ!」

おっさん「よしよし、まだ十分吸えるな」

おっさん「……」スパー…

おっさん「うまい」

女「シケモク吸うんかい!!!」

11:5SMDj6QUr 19:48
おっさんw
10:Udlo455/a 19:48
いいね
12:【スレ主】19:50
おっさん「一服したらちょいと打ちたくなってきたな」

女「なにを?」

おっさん「あれさ」

チーン ジャラジャラ…

女「本当におっさんね……。てか、精霊のくせにパチンコ打てるの?」

おっさん「あそこの店は波長が合うんでね。台に触ることができる」

女「どういう理屈よ」

13:【スレ主】19:53
おっさん「うーむ、全然ダメだな」

おっさん「キミがやってみるかい?」

女「パチンコなんかやったことないんだけど……」

おっさん「ボクが教えてやるからさ」

ジャラジャラジャラ…

女「ヒャッホウ! 大当たり~!」

おっさん「ビ、ビギナーズラックだ……」

14:【スレ主】19:56
女「あー、楽しかった」

おっさん「こっちが誘っておいてなんだけど、若い娘さんがハマっちゃいけないよ」

女「分かってるって。パチンコは今のが最初で最後!」

女「あ、おっさん。まだワンカップ酒あるなら、くれない?」

おっさん「いいけど」

女「……」グビグビ

女「ぷはーっ! うまい!」

おっさん「ハハ、だいぶ元気になってきたね」

女「まあね~」

15:oOoTc7l10 19:58
優しい世界
16:【スレ主】19:59
女「ありがと、おっさん! 今日は楽しかったわ!」

おっさん「元気になってくれてなによりだ」

女「おっさんはいいよね、悩みなんかなさそうでさ」

おっさん「そんなことないさ。おっさんにはおっさんなりの悩みが……」

女「え、そうなの?」

おっさん「ま、キミが気にすることじゃない。じゃあね~」スゥゥゥゥ…

女「……消えた」

女(おっさん……本当に町の精霊だったんだ……)

17:【スレ主】20:01
女「さっきまでホントがっくりきてたのに、すっかり元気出ちゃった」

女「ありがとね、おっさん」

女「よーし、頑張るぞー!」

…………

……

18:5SMDj6QUr 20:02
いいおっさんだった
19:【スレ主】20:06
……

女「ハァ~……」

女(今日も散々な一日だったわ……私としたことがあんなミスを……)

女「……ん?」

銀髪「……」

女(なによ……あの美少年は……)ドキッ

銀髪「あれ?」

女「え」

銀髪「キミは……ボクが見えるのかい?」

女「見える! 見える見える見える見えまぁぁぁぁぁす!」

20:【スレ主】20:08
銀髪「久しぶりだな……ボクが見える人に会えるなんて」

女「えへへ……」

女(見れば見るほど美しいじゃない。絶対逃がさないわ!)

女「よかったら……なにかご馳走してあげよっか?」

銀髪「ホント? 嬉しいな」

女「よっしゃ! じゃあタピオカ! タピオカ! タピオカにしよ!」

銀髪「う、うん」

21:【スレ主】20:11
女「どう? おいしい?」

銀髪「おいしいよ。どうもありがとう」

女(一緒にいるだけで癒やされる……こんなこと初めてだわ)

女「どう? もっと飲む?」

銀髪「いや、もう三杯も飲んだから……」

女「あらそう。じゃあ次は……」

女(こんな機会二度とないわ! 絶対お友達になってやる!)

22:【スレ主】20:14
おっさん「おーう」

女「あら、おっさん! どうしたの? こんなところで……」

おっさん「いや、町をぶらついてたら、キミの姿が見えたもんでな」

女「今度はこっちが見つけられちゃったわけか。だけどあいにく、今デート中で……」

銀髪「……」

女「どうしたの?」

銀髪「……父さん」

女「へ?」

23:5SMDj6QUr 20:16
!?
24:【スレ主】20:17
おっさん「お前……」

銀髪「父さん……」

女「あなたたち父子だったの!?」

おっさん「うん、まあね」

女「全然似てないじゃない!」

おっさん「ハハハ……」

銀髪「父さん……」ハァ…

25:【スレ主】20:20
銀髪「またそんな薄汚い格好でうろついて」

銀髪「ボクたちは町の精霊……守り神なんだよ? 父さんがうろつくとその品位が落ちちゃうじゃないか」

おっさん「そ、そんなことないだろ」

銀髪「そんなことあるよ。まったく……恥ずかしいんだから」

おっさん「これまた手厳しいな……」

女(あれ、あんまり仲良くないのかな?)

26:【スレ主】20:23
銀髪「町を見守るとかいって、やることは酒飲んだり、タバコ吸ったり……」

銀髪「これのどこが町の守り神だよ。なんの神秘性もありゃしない。もっと高貴に振る舞ってくれよ」

おっさん「す、すまん……」

銀髪「父さんのせいで、ボクがどれだけ恥ずかしい思いしてるのか分かってるの?」

銀髪「父さんなんかなんの役にも立ってない。ただのどうしようもないダメ精霊に過ぎないんだよ」

銀髪「存在自体が恥なんだよ、父さんは。はっきりいって消えて欲しいよ」

おっさん「ハ、ハハ……」

銀髪「笑いごとじゃないよまったく」

27:1iAAgcGl0 20:24
おっさん…
28:【スレ主】20:26
銀髪「このお姉さんにも声かけたようだけど、どうせスケベな目的で話しかけたんだろ?」

おっさん「いや、そんなことは……」

銀髪「お姉さんがどれだけ幻滅したか、どれだけ迷惑したか、ボクにはよく分かる」

銀髪「こんなステキなお姉さんに、父さんは似つかわしくない。二度と姿を見せちゃダメだ」

銀髪「ああ、できればボクの前にも……」

女「ちょっと待てや」

29:【スレ主】20:30
女「さっきから聞いてりゃ、好き勝手ほざきやがって……」

銀髪「え?」

女「おっさんはおっさんなりに……ちゃんと町を見守ってくれてんだよ!」

銀髪「お姉さん、なにいって――」

女「私はね、こないだおっさんに助けられた」

女「私生活で色々あって落ち込んでるとこを、このおっさんの小汚さ下品さに救われたんだよ」

女「品位? 神秘? 高貴ィ? そりゃ結構でしょうよ、だけどそれだけじゃダメなんだよ!」

女「おっさんみたいに、一緒に酒飲んで笑ってくれるような守り神だって必要なんだよ!」

女「それをお前、ちょっとツラがいいだけの小僧が……」

女「そこまでボロクソに言う権利があると思ってんのかアアアアアアアッ!!!」

銀髪「ひ、ひいいいい……!」

30:【スレ主】20:33
おっさん「……それくらいにしてやってくれ」

女「!」ハッ

銀髪「……」ドキドキドキ

おっさん「息子よ、ボクも悪かった。これからはもう少し、精霊らしく振る舞ってみるよ」

銀髪「いや、ボクの方こそごめん……」

女「えぇと、なんかごめんなさい……」

おっさん「ハハ、今のはボクまでビックリしたよ」

おっさん「そうだ! せっかくだから、ウチに来ないか?」

女「じゃあ……お邪魔します!」

31:IOE1RmV9d 20:34
銀魂みたいな女だな
32:4cHRDPgp0 20:34
支援
33:【スレ主】20:36
おっさん「ここは人間界と精霊界のはざまにある世界さ」

女「うわ、大木が家になってるなんて……オシャレ~!」

おっさん「ただいま!」

銀髪「ただいま」

女「お邪魔します」

おばさん「あら、お客さんが来るなんていつぶりかしら。おばさん嬉しいわ」

女(おおっ、美人!)

34:【スレ主】20:39
女「おばさん、あなた超美人ね!」

おばさん「あら、お上手なんだから」ウフッ

女「あんたよかったわね~! 母親似で! 父親似だったら悲惨だったわよ! ギャハハ!」

銀髪「う、うん……」

女「ていうか、もはや托卵を疑うレベルなんだけど! ホントにおっさんの子なの?」

おっさん「ケツのホクロの位置は一緒だからな。間違いないさ」

銀髪「ちょっ、やめてよ父さん!」

アハハハハハハ…

35:【スレ主】20:42
おばさん「私たちのご飯です。人が食べても大丈夫ですので……」

女「わぁっ、おいしそう!」

女「いただきまーす!」モグモグ

女「おいしい~!」

おっさん「おっ、口に合ってよかった」

銀髪「タピオカをご馳走してくれた分、たっぷり食べてね」

女「ありがとう!」

タピオカ ストロー付き タピオカ粉 もちたぴ 業務用 600g快適クリエイト

37:【スレ主】20:45
女「おっさんとおばさんは、どっちからプロポーズしたの?」

おばさん「私なの……」ポッ

女「ええっ!? 信じられない!」

おっさん「そうなんだよ。知り合ってから、熱烈なアプローチを受けちゃって……」

おばさん「大好きよ、あなた」ギュッ

女「いよっ! お熱い! ヒューヒュー!」

女「あんたもいい精霊相手、見つけなきゃダメよ~」

銀髪「う、うん」

アハハハハ… ワハハハハ…

38:【スレ主】20:48
女「じゃあ、私はこれで」

おっさん「キミのおかげで……久々に家族だんらんできたよ」

おっさん「町の精霊であるボクが、キミに助けられてしまったな」

女「私はなにもしてないって。あの子も元々おっさんのことが嫌いじゃなかったはずよ」

女「きっと、ちょっとした反抗期だったのよ」

女「じゃあね~!」

銀髪「……ステキな人だね」

おっさん「ああ、この町には彼女のようなステキな人がたくさんいる」

おっさん「これからもボクたちで見守っていこうじゃないか」

銀髪「うん!」

…………

……

39:【スレ主】20:52
……

女(しばらく経って、私には新しい彼氏ができた)

女(郷土史なんかに造詣の深い人で、今のところ交際は順調だ)

男「こんな話聞いたことある?」

女「?」

男「この町には守り神が住んでて、困ってる人をさりげなく助けてくれるんだって」

女「へぇ~」

男「いったいどんな守り神だと思う?」

女「うーん、そうだなぁ……」

41:【スレ主】20:56
女「もしかすると……神秘的な外見な少年かもしれないし……」

男「うんうん」

女「もしかすると……ワンカップ酒が似合うおっさんかもしれないね!」

男「ハハ、それも面白いね」

おっさん「はーくしゅっ!」

銀髪「はーくしゅっ!」

おばさん「あらあら、二人揃ってクシャミしちゃって。仲がいいわね」

―おわり―

42:1iAAgcGl0 20:56
おつおつ
43:p8qKRaGNr 20:59

いい話だった
44:qukN9mc4r 21:02
ほんわかした
45:LQTiGn980 21:08
おつ
46:YJbKB6310 21:08
彼氏の知ってる郷土史の精霊とはビジュアルが違うのかな?

その他カテゴリの関連記事