曾祖父が亡くなり「遺産の事で話がある」と祖母の異母兄弟に呼ばれ母が同伴して会いに行った。「もう異母兄弟同士で分けたので放棄してくれ」と言われ予想はしていたが

曾祖父が亡くなり「遺産の事で話がある」と祖母の異母兄弟に呼ばれ母が同伴して会いに行った。「もう異母兄弟同士で分けたので放棄してくれ」と言われ予想はしていたが

107:【スレ主】17:56
血も涙もないとはこういうことかと思った神経分からん話。

生きてたら110歳くらいの曾祖母は当時珍しい恋愛結婚で、祖母が生まれて数年で離婚した。
離婚理由は娘の顔が父似という理由で曾祖父が祖母を可愛がらなかったから。
曾祖母は町一番の美人だったので、母似じゃない娘に落胆したのだとか。
実家が裕福で手に職もあった曾祖母から離婚を切り出したらしい。
二人はそれぞれ再婚したが、曽祖父は以後20年くらい曾祖母にだけちょくちょく会いに来てた。
曾祖母は娘にも会ってやってよ、父として結婚する娘に帯くらい買ってやってよと言ったけど、祖母には一切ノータッチ。
曾祖母には訪れる度に高価な贈り物を持ってきたというのに。
やがて曾祖父は訪れなくなり、曾祖母が亡くなった数年後に訃報が届いた。
遺産のことで話があると異母兄弟に呼ばれたので、先日母が同伴して会いに行った。

異母兄弟は挨拶もそこそこに遺産の話を始めたらしい。
といっても、もう異母兄弟同士で分けてしまったので放棄してくれと言うだけだった。
遺産放棄は祖母も予想してたんだけど、始終隠し子が発覚して迷惑といった態度を取られたらしい。
それどころか曾祖母が亡くなった話をしたら、曾祖母から曾祖父への遺産はないのか?あるなら自分たちに寄越せとまで言われた。
なんでも曾祖父は遺言書に「遺産の半分は曾祖母に残す」と書いたんだそうな。
逆に曾祖母も曾祖父に遺産を残してるはず、曾祖母が先にタヒんだのだから本来なら曾祖父が継いでた遺産を寄越せとの謎理論。
曾祖父が未練たらしく付き纏ってただけで曾祖母は全く気に掛けていませんでした、と母が言い放って帰ってきたんだが
祖母は隠し子呼ばわりされたことと、父親が最後まで自分を気に掛けてくれなかったことがショックでずっと泣いてる。
蛙の子は蛙ということなんだろうけど、その蛙の血が自分にも流れてると思うと胸糞悪くなるわ。

108:wPOyaCSo.net 18:00
>>107
もう放棄しちゃったの? おばあちゃん扇動して訴訟起こさせればよかったのに
109:【スレ主】18:07
>>108
もう放棄しちゃった。
遺産と言っても家土地くらいしかないらしいし。
逆に言えば家土地しかないのに売り払って半分前妻に渡せと残した曾祖父は頭おかしいわ。
113:KJzVlswR.net 20:00
祖母は悪くない
身内の神経がスレタイだよ
ガス、水を止められてタヒんでいてもおかしくなかった

女性カテゴリの関連記事