【考古学】死海文書に肉眼では見えない「隠れた文字」を発見

【考古学】死海文書に肉眼では見えない「隠れた文字」を発見

1:【スレ主】15:25
「死海文書」は、およそ2000年前に書かれた旧約聖書(ヘブライ語)の写本で、1947年以降、死海の北西にあるクムラン洞窟で発見されてきました。

これまでに970ほどの写本断片が見つかっており、「20世紀最大の考古学的発見」として重要視されています。

そして今回、キングス・カレッジ・ロンドンの最新研究により、これまで白紙と思われていた死海文書の断片に、肉眼では見えない文字が発見されました。

一体、どんな文字が隠されていたのでしょう。

(略)

■目に見えない隠れた文字を発見!

再調査された写本断片は、イギリスにあるジョン・ライランズ図書館に保管されていたものです。

この断片は1950年代に見つけられ、ヨルダン政府がリーズ大学(英)に寄贈していました。しかし、当時のリーズ大学の調査では、文字のない白紙状態とされたため、あまり価値がないと判断されています。

その後、1997年にマンチェスター大学に、それから現在のジョン・ライランズ図書館へと移りました。

今回、文書の再調査をしたキングス・カレッジ・ロンドンのジョアン・テイラー氏は、「マルチスペクトル画像法」を用いて肉眼では見えない文字の発見に成功しています。

これは、対象物に反射する赤外線などの様々な電磁波を捉え、波長ごとにデジタル化して画像にする手法です。

その結果、ヘブライ語の12番目の文字で「L」を示す、「ラメッド(ל)」が見つかりました。

さらに、調査した4つの断片の1つには、4行構成のテキストも発見され、合計15〜16字程度の文字が不完全ながら保存されていました。中には、「安息日」を意味する「Shabbat」など、簡単に識別できるものも見つかっています。

テイラー氏によれば、この断片は、旧約聖書の一つである『エゼキエル書』に関連するものと推測されるようです。これらの文字は、経年劣化により見えなくなったものと思われます。

今回の発見により、白紙と思われている他の断片の再調査が進められるかもしれません。

全文は
https://nazology.net/archives/60191

7:rPYAc1bw 15:39
ニコラスケイジで映画化
8:1nS839U7 15:46
人類補完計画・・・か
9:sIqXN// 15:47
エヴァの公開が近いからな
11:gcemW1wk 15:48
え、偽書だったろコレ?
39:mkQYWTkg 18:20
>>11

> 米国ワシントンDCの聖書博物館が所蔵する「死海文書」が、すべて偽物であることが判明した。

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/032500195/?ST=m_news

49:MNjRdvXb 19:16
>>39
以前このニュースをみて、死海文書は偽物だと思ってた。なるほど、イギリスにあるのは別物でそっちは本物ってことか
15:i3vOzgfw 16:03
あぶりだし。今の子はやったことあるのかな。
みかんの汁で文字を書くと、見えないけど、火であぶると浮き出す
97:qtdVw7rw 13:21
>>15
そうそう、年賀状に書くのが流行って正月に火事が頻発したっけな
20:u4Tn/HIL 16:34
最新技術であぶり出しやったら、あちこちで色々見つかるだろうね。楽しみだね。
36:aTxqC0sF 17:59
そもそも
存在自体本物なの?
51:DUxKSmkn 19:47
死海文書ってもっと巻物とかみたいなものか思ってたよ
74:VsLBLChZ 22:06
東アジアの古典だと墨で書いてあるからしっかり残るんだろうけど
中東の羊皮紙にはどういうインクで書かれたのかな?

知識カテゴリの関連記事