【歴史】硫黄島の戦いから75年、2万8000人が戦死…遺骨収集が課題

【歴史】硫黄島の戦いから75年、2万8000人が戦死…遺骨収集が課題
1:【スレ主】13:47
日米双方でおよそ2万8000人が戦死した太平洋戦争末期の激戦、硫黄島の戦いで、旧日本軍の組織的な戦闘が終わってから26日で75年です。硫黄島では今も日本側の犠牲者の半数以上にあたる1万人以上の遺骨が見つかっておらず、手がかりが少なくなる中、どのように遺骨収集を進めていくかが課題となっています。

小笠原諸島の硫黄島では太平洋戦争末期の昭和20年2月から3月にかけて日米で激しい戦闘が行われ、日本側でおよそ2万1900人、アメリカ側でおよそ6800人が戦死しました。

硫黄島の戦いは、75年前の3月26日、日本側の総指揮官を務めた栗林忠道中将が、残った兵力を率いて総攻撃を行い、旧日本軍の組織的な戦闘が終わりました。

戦後、硫黄島では、昭和27年度から国による遺骨収集が続けられていますが、今も日本側の犠牲者の半数以上にあたる1万1400人余りの遺骨が見つかっていません。

遺骨は、旧日本軍が持久戦のために構築した総延長18キロの地下ごうの中にあると見られていますが、出入り口などがふさがれ、場所が分からなくなっているということです。

このため、ボーリング調査やレーダーを使った地下の探査が行われていますが、海に面した崖などではこうした探査ができず、作業は難航しています。

また、当初は生存者の証言などを手がかりに遺骨を探していましたが、いまでは新たな証言を得るのが難しくなっているということです。

政府は戦没者の遺骨収集は国の責務だとしていて、具体的にどのように遺骨収集を進めていくかが課題となっています。

以下略、ソース先にてご覧ください。

NHKニュース 2020年3月26日 4時12分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200326/k10012350361000.html

6:oivGJFUz0 13:50
アメリカ兵が記念に持って帰ったんだろう
35:6qLK1vWJ0 14:15
>>6
そういうのあるかもな
54:XjWilCfT0 14:34
>>6
ビル・D・ロス「硫黄島 勝者なき死闘」の訳者あとがきより

この本の著者、ビル・D・ロス氏に関する記事が、昭和六十一年一月二十八日の「読売新聞」に出た。
戦後、硫黄島を占領した米軍のうち、心ない連中が、日本兵の白骨死体から千以上にのぼる頭蓋骨を、記念品として持ち去っていたことが、最近になってわかった。
そこで、日本の遺族などで作る「硫黄島協会」(和智恒蔵会長、約二千三百人)が返還を呼びかけ、それにこたえて、ロス氏や、かつて硫黄島協会で戦った元米海兵隊員らが、返還運動に乗り出したーーという記事である。
ロス氏らには、今後も是非、ご協力をお願いしたいと思う。

11:ZBk/YQrC0 13:55
この島の存在を初めて知ったのはガキの頃に読んだ坂井三郎の伝記だっけ
懐かしいなあ…
16:UtbIvmHz0 13:56
シベリア抑留の遺骨回収を現地人に頼んだら、全部ロシア人の謎の骨だったんだっけ
委託は100%駄目だなぁ
24:MDEkgQ8j0 14:07
硫黄島の戦いは、兵士と消耗数はアメリカ軍の方が多かった。近代においては、圧倒的な戦力差を覆した唯一の戦いだと思う。
38:Top7ssD0 14:17
>>24
防衛側の方が有利なんだから被害が少ないのは当然
43:MDEkgQ8j0 14:23
>>38
確かに防衛側が有利だけど、補給なし・制空権制海権を完全喪失状態であそこまで粘ったのは凄いことよ。
27:vZYvNGIZ0 14:09
見つけたとしても誰の骨かも分からんし遺族だって死んでいる
山の中で野ざらしになっているなら日本に持って帰って埋めなきゃいかんけどすでに硫黄島の土の中で眠っている骨を、掘り返して持って帰る必要はないわな
29:w8RCJJmt0 14:10
うちのじーちゃん、まだ骨は見つかっていない。
石ころが入った骨壺が届いただけだって。

母親もかなり高齢になったし、もし戻してくれるなら生きてるうちにお願いしたい、本当に。

46:w8RCJJmt0 14:28
なんか想像力がない奴が多いな。

自分の親が旅行に行って飛行機が落ちて、
「遺体が見つからないのでこれで我慢してね」
と、現地の石ころが送られてきたら、それで納得出来るのか、と言いたい。

しかも戦争なんだから、自己責任の旅行と違って、本人と家族の意思関係なく行かされてる。
うちの親なんか、3歳の時手を繋いで歩いたのが最後の思い出だ。
戦後、父親がいないことで相当苦労した、と。

51:p4pyM000 14:30
遺骨見つけるなら滑走路はがさないと
本当はやる気ないんでしょ
57:w8RCJJmt0 14:36
>>51
ただ、そこを剥がしてやるにしても、相当広範囲だし、地下はガスや地熱も凄いだろうし、色々難しいんだろうな、とは思う。

じーちゃんは戦死地が元山だから、確実にそこのどこかに埋まっているんだろうが…

60:yBpIJRgY0 14:40
>>1
硫黄島は噴火が起こり
隆起がかなりあるから難しいだろな
79:26oj5kaP0 15:08
今も硫黄島には人が走り回る音が聞こえるという…
83:7Zl4qQeT0 15:26
今さっきbsで父親たちの星条旗やってた、硫黄島の戦闘凄まじく、言葉も無いわ
120:AoobQecB0 19:13
遺骨収集はするべきだが、流石に年月が経ち過ぎか
犬死して気の毒だから、亡骸だけでも埋葬するべきなんだよな
136:gRtgxAd40 19:26
遺骨収集する必要ある?
144:AoobQecB0 19:34
>>136
気の毒な死に方をしたからな
埋葬くらいはするべき
162:iuLJDCYr0 20:29
>>136
国の命令で理不尽に地獄のような目にあって死んだ人間をそのまま野ざらしにしとくのがおかしいと思わないのか?
せめて故郷に返してやるのが同じ国の人間の役目だろ。もちろん国が違っても返してやるが。
171:7DYMOAdA0 20:56
恥ずかしながら
硫黄島の名前を最初に聞いたのは
プレデター2
逆に言うと
アメリカでは多くの人が激戦地としてこの島の名前を知ってるって事
172:UXoRINJJ0 20:59
星条旗立てた写真の米兵も結局その後の戦闘で半分は戦死して硫黄島からは出られなかったんでしょ
それくらいアメリカにとっても過酷だったと
180:EbhzmY3R0 21:59
>>172
あの写真の星条旗は二旒目だし。
摺鉢山の星条旗は日章旗と四回入れ替わったらしい。

知識カテゴリの関連記事